医療法人 扶恵会 釧路中央病院
        
2017年09月25日

 9月14日(木)に『過誤事例から学ぶ安全な輸血』と題し、医療安全研修会を開催しました。
 外部から講師を招き患者様に安全な輸血療法を行う為、以前にどのような過誤事例があったか、それを起こさないためにはどのような対策をすべきかを講義いただきました。

DSCF6138.JPG

 まず始めに輸血過誤とは何かについて、「ABO不適合輸血による患者死亡」の事例を交えながら学びました。
 次に輸血前・後、輸血中とタイミング別に分け、起り得るミス内容やトラブルについて紹介がありました。資料を参考に輸血の管理・実施について学習する機会となり、ミスを防止する方法として複数名によるチェックが必要であるという事も再確認しました。

DSCF6145.JPG

DSCF6150.JPG

DSCF6154.JPG

 最後に輸血過誤を防ぐため、院内全体で過誤防止対策をする事が必要であり、改めて過誤発生防止の大きな要素である「正しい知識」を身につける事が重要である事を確認しました。
 本日の研修を通し、輸血過誤から発生するリスクを常に念頭に置き、過誤発生防止の為、日々研鑽に努めなければならないと感じました。研修会で得た知識を明日からの業務に生かしていきたいと思います。

DSCF6175.JPG

サイトマップ
▼病院のご案内
▼外来のご案内
▼入院のご案内
▼健診のご案内
▼訪問リハビリテーションのご案内
▼各部署のご案内
▶交通のご案内
▼求人のご案内
▶個人情報保護
▶お問い合せ
サイト内検索
釧路中央病院TEL0154312111
健康診断TEL0154312112
写真1
写真2
写真3
写真4
写真5
写真6
写真7
写真8
写真9
写真10
写真11
写真12
Copyright ©2008 KUSHIRO CENTRAL HOSPITAL Co.,Ltd.All rights reserved.