医療法人 扶恵会 釧路中央病院
        
2017年12月11日

今冬は供給が不安定のため、全国的にインフルエンザワクチン不足が続いておりますが、

当院では少しずつですがワクチンが供給してまいりましたので
外来患者さまのワクチン接種を開始いたします。

ただし、1日のうち接種できる人数に限りがあります事と
ご予約は出来ませんこと
予め御了承いただきますよう、お願い致します。

外来インフルエンザワクチン実施期間
平成29年12月11日~
(インフルエンザワクチン実施期間:平成30年1月31日まで)

平成29年12月11日
医療法人扶恵会
釧路中央病院 病院長

2017年11月28日

12月分の外来診療スケジュール予定表をupしました。

http://kch.sub.jp/shinsatsu.html

2017年11月01日

去る10月26日(木)、医薬品医療安全研修会を開催しました。
本年は医療用麻薬をテーマに、
「医療用麻薬の基礎と取り扱い・管理~当院の麻薬マニュアルを中心に~」
と題し、当院薬剤科の福田薬剤科長が講義を行いました。
DSCF6391.JPG
DSCF6394.JPG

慢性期の患者様においても、積極的に医療用麻薬を使い、
がんによるつらい痛みを早い段階から取ることで、
少しでも苦痛の無い療養生活を送ってもらうことが、とても重要になってきます。

「医療用麻薬」と聞くと怖いイメージがあるかもしれませんが、
注意点を守って正しく使えば、痛みを適切に取ることができ、
安全な薬であることを学習しました。
当院における院内採用薬の使い方や、運用上のルールなどについても
改めて確認しました。
DSCF6428.JPG

また、当院では薬科系大学における薬学生の実務実習を、
釧路赤十字病院、釧路孝仁会記念病院を含めたグループ実習の一環として受け入れています。
当院においては1週間の短期間でありますが、療養型病院の薬剤師業務について体験してもらっております。
薬学生も大学で医療用麻薬について知識を学んでいるということで、
今回の研修会では、薬学生からも医療用麻薬を使用する上での基本や副作用対策について
講義を行っていただきました。
DSCF6409.JPG
DSCF6400.JPG
ちょっと緊張はしていましたが、大きな声で分かりやすく話してくださいました。
こうして人に教えることで自分の知識も深まると思いますので、
貴重な経験の一つになったかと思います。
DSCF6404.JPG

医薬品医療安全研修会は年に1回程度行っております。
今後とも種々のテーマで研鑽を重ね、院内で医薬品が適切に安全に使用されるよう努めてまいります。

2017年10月30日

 10月13日(金)に看護部介護部合同での研究発表会が開催されました。

DSCF6281.JPG

DSCF6283.JPG

 看護介護部以外の職員の参加も多数あり、発表者は多少緊張ぎみでした。
 第1群看護部4題、第2群介護部3題(口述発表)でそれぞれの部署の取り組みについての発表でした。

DSCF6290.JPG

DSCF6305.JPG

DSCF6320.JPG

 最近スキンテア(皮膚損傷)という言葉を耳にすることが多くなり、高齢者の皮膚ケアに対する関心も高くなっています。研究発表の内容も高齢者に特徴的な皮膚のケアに関係した内容が多く見られました。
 当院の看護研究の課題は「患者のそばにあること、目的は患者のケアの質の向上にある」と掲げていますが、今回取り組んだことをさらに継続することでケアの質の向上につながると思います。
 患者様、御家族に信頼される看護、介護が提供できるように今後も研鑽を重ねて行きたいと思います。

  

 

    

 

2017年10月03日

「入院費用について」を更新しました。
http://kch.sub.jp/hiyou.html

10月より制度の一部変更により、患者様の負担額が変更になっております。
※対象患者様に対し、居住費用(光熱水費)がかかることになります。

今後も制度変更による情報はホームページに掲載して参ります。

1  2  3  4
サイトマップ
▼病院のご案内
▼外来のご案内
▼入院のご案内
▼健診のご案内
▼訪問リハビリテーションのご案内
▼各部署のご案内
▶交通のご案内
▼求人のご案内
▶個人情報保護
▶お問い合せ
サイト内検索
釧路中央病院TEL0154312111
健康診断TEL0154312112
写真1
写真2
写真3
写真4
写真5
写真6
写真7
写真8
写真9
写真10
写真11
写真12
Copyright ©2008 KUSHIRO CENTRAL HOSPITAL Co.,Ltd.All rights reserved.